塗装(とそう)の下処理【コーキング編】

2020/07/07

塗装(とそう)の下処理に必要不可欠なのが『コーキングの増し打ち』です。

今回は、その『コーキング』についてお話ししたいと思います。

 

コーキングって何? どうして必要なの?

外壁 サイディング

主に日本の建物に使用されている外壁材には、サイディングというものがあります。

 

サイディングとは、タイルや石積み風の模様がついている板状の外壁材のこと。

このサイディング板をつなぎ合わせ、外壁に張って出来るのが、サイディングの外壁になります。

 

その際、つなぎ目が目地となって残ってしまい雨漏りの原因になります。そのため、シリコン製の乾くとゴムのようになるコーキング剤を隙間に注入し、しっかり穴埋めすることが必要になるのです。

 

ちなみに『コーキング』は、新築はもちろん、リフォーム、リノベーションでも必要不可欠な作業工程です。

 

サイディング コーキング サイディング コーキング

 

コーキングは、経年劣化します

サイディング コーキング

上記の写真のように、コーキングは年数が経てば経つほど固くなり、ひびが入りボロボロ取れてきます。

なのでリフォームやリノベーション時は、塗装(とそう)する前に、一度ボロボロの『コーキング』を高圧洗浄で落とせるだけ落とします。そして新たに上から被せるように再度『コーキング』をするのです。

そうすることで、雨漏りを防ぎ建物が長持ちします。

 

このように、外壁の塗り替えでもしっかりと下処理を行ってから外壁の塗装(とそう)を行います。

そろそろ塗り替え時期で工事をご検討中の方、まずはお気軽にお問い合わせください^^

 

「塗装(とそう)よりも長持ちする物はないの?」という方には、外壁用の塗り壁(ぬりかべ)をおすすめいたします!

こちらの『塗り壁下地の特徴』をご覧下さい。

 

友だち追加

© 2018 SAKURA-ICHI style

ページトップへ