塗装(とそう)仕上げの塗料

2020/11/19

以前ブログにて【外壁塗装の耐久性と違い】についてお話ししました。

 

今回は内装・外壁を含めた【塗装仕上げの塗料】について、その種類ごとにご説明します。

 

仕上げ用 塗料の種類と特徴


 

①水性塗料

水性塗料とは、基本的に内装の天井や壁に使用される塗料です。

水性なのでもちろん乾く前は水に溶けます。調色(色を調合すること)する事も可能で、艶の調整も可能です。

 

②ウレタン塗料、シリコン塗料、フッ素塗料

これらは基本的に外壁に使用される塗料になります。

溶剤系の塗料で、水に溶けることはなくシンナーを使用します。

 

同じ外壁を塗るにしても、塗料の違いで耐久年数なども変わってきます。

塗装 耐久性 塗り替え

アクリル塗料という物もありますが、耐久年数が低いのであまり使用はされません。

水性塗料同様、調色や艶の調整が可能です。

 

③ステイン系塗料

ステイン系塗料とは、木塗装用の塗料になります。

木の目をつぶさず、木に塗料を染みこませて色をつけるタイプのものです。

 

塗装 木 ステイン

※piterestより

 

さらに、ステイン系塗料の中でも水性のものがあったり、溶剤系のものがあるのです。

 


 

このように、塗料と言っても様々な物があります。

状況に応じて、少しでも長持ちさせられるような塗料を選ぶことが大切です。

 

リフォームやリノベーションをご検討中の方は「ここも塗りたい」という場所があれば、ぜひお気軽にご相談ください^^

 

友だち追加

© 2018 SAKURA-ICHI style

ページトップへ