オーバーレイ舗装の下地

2020/09/02

本来は床のデザインコンクリートである『オーバーレイ』

実は、適材適所な施工方法を施せば、新築でもリノベーションでも施工することが出来るんです!

 

今回は、そんな臨機応変な材料『オーバーレイの下地』についてお話します。

 

①新築 オーバーレイ施工の下地

オーバーレイ 下地

新築オーバーレイ施工の場合、まずは施工をしっかり想定した上で新設コンクリートを打ちます。

(オーバーレイの厚みをしっかりと計算して、という事です。)

 

オーバーレイは厚みが2㎝程付くため、玄関ドア周りなどは特に注意を。

そこさえしっかり注意すれば、新築で新設コンクリートのまま施工可能です。

 

オーバーレイ 下地

 

 

②リノベーション オーバーレイ施工の下地

オーバーレイ 下地

リノベーションで、玄関がタイルの場合、直接オーバーレイ施工することができません。

 

理由は、オーバーレイが乾いて固まったとき、タイルの目地が浮き出てしまうからです。

そうならないよう、オーバーレイを塗る前に下塗り材を1回塗り、床をフラット(平ら)にします。

 

オーバーレイ 下地

下塗り材が完全に乾いたら、オーバーレイの施工が可能になります。

 


 

このように、工程は違いますがオーバーレイは『新築』でも『リノベーション』でも施工することが可能です。

適材適所な施工方法で、お客様に理想のフロアデザインをご提案&ご提供いたします^^

 

その他、オーバーレイに関する記事はこちらから!

【オーバーレイ舗装とは?】

【オーバーレイ舗装の色】

【オーバーレイ舗装の仕上げ】

 

友だち追加

© 2018 SAKURA-ICHI style

ページトップへ