内装リフォームの工程

2020/12/11

内装リフォームをお考えの皆さま、こんな疑問はありませんか?

 

・工事の日数はどのくらいかかるの?

・工事の流れはどんな感じに進むの?

 

今回は、意外に知らない『内装リフォームの工程』について、お話しします。

 

①解体&下準備(2~4日)

内装 リフォーム

まずは、間取り変更がある場合のリフォーム・リノベーションなら、スケルトン(※1)にします。

 

(※1)スケルトンとは、既存の壁や床・天井をすべて解体し外周の壁のみを残した状態のこと。

 

内装 リフォーム

スケルトンにしたら、決まった間取りに合わせて必要箇所に電気の配線を通します。

最初の配線で、コンセントやスイッチの位置などが決まってきます。

 

※現場によっては自由にコンセント位置などを決められない場合もありますので、スケルトンの『リフォーム・リノベーション』をする場合は、施工業者さんにご相談ください。

 

②床張り&壁立ち上げ(5~10日)

内装 リフォーム

間取りや仕上がりに合わせて、新たに床や壁をつくっていきます。

 

この時に現場に行けば、図面上でしかわからなかった各部屋のサイズ感を知ることが出来るので、一度見学に行ってみるのもおすすめです^^

 

③仕上げ&完成(2~3日)

内装 リフォーム

新規で立ち上げた壁や天井を塗装すれば完成です!

 

内装 リフォーム 内装 リフォーム

部分的なデザインコンクリートで、アクセントウォールにすればデザイン性も高い『リフォーム・リノベーション』に!

 


 

マンションの一室程度なら約2週間ほど

 

このような流れで工事は進んでいきます。

工事範囲や規模にもよりますが、マンションの一室程度なら約2週間ほどで工事は終わるんです!

 

思ったよりも短い期間だと思いませんか^^?

内装だけでなく、外壁リフォームもご検討中の方は【外壁リフォームの工程】をご覧ください。

 

デザインコンクリートについて詳しく知りたい方はこちらの動画を!

 

他の動画も気になる!なんて方は、櫻一styleのyoutubeチャンネルもご覧ください。

 

友だち追加

© 2018 SAKURA-ICHI style

ページトップへ