塗装(とそう)の耐久性

2020/07/24

外壁の塗り替え工事は10年に1度が推奨されていますが、なぜ10年なのか?

今回は、塗装(とそう)の耐久年数についてお話ししたいと思います。

 

なぜ10年に1度の塗り替え工事が必要なのか?

塗装 耐久性 塗り替え

外壁の塗装は、建物をコーティングして守る役割を持っています。

 

外壁塗装(とそう)の塗料(ペンキ)の種類は様々ありますが、多くの住宅に使用されているのはシリコン塗料です。

そのシリコン塗料の耐久年数が7~8年程度のため、建物をより長持ちさせるために最低でも10年に1度は塗り替え工事をして下さいと推奨されているのです。

 

耐久年数が10年以上の塗料はないのか?


それぞれの塗料の耐久年数はおおよそこんな感じです。

塗装 耐久性 塗り替え

一般的に使用されているシリコン塗料は、塗料のランクで言ったら中間あたりです。

それよりもランクが下がると、価格は下がりますがもちろん耐久年数も下がります。

 

様々ある塗料の中で、最も耐久性に優れているのが【無機塗料】

【無機塗料】の耐久年数は、なんと18~20年!平均10年に1度の塗り替えが推奨されているシリコンと比べると、倍近くの耐久性があることが実証されています。

 

オススメは、無機フッ素塗料『season』


無機塗料の中でも、私たちのおすすめは『season(シーズン)』という【無機フッ素塗料】です。

『season(シーズン)』は(株)櫻一styleのオリジナル塗料で、私たちがもっている『外壁リノベプラン』のデザインに合わせたカラーを取り揃えている塗料となっております。

 

【無機フッ素塗料】の特徴は、紫外線に強く柔軟性もあること。

だから様々な環境の変化にも対応することが出来、長持ちするのです。

 

このように、塗装(とそう)にも様々な種類の塗料(ペンキ)があります。

外壁の塗り替えをご検討中の方はぜひ一度ご相談ください^^

 

まずは現場にお伺いし現状を確認させて頂き、そこからご予算やご希望に合わせた塗装方法をご提案いたします。

 

お電話でのご相談は《TEL:022-352-1881

HPからのお問い合わせはこちらまで。

 

友だち追加

© 2018 SAKURA-ICHI style

ページトップへ